AGAによって、薄毛になる場所とならない場所の異なる点について

AGAは男性にかなり多くみかける脱毛症です。額の生え際とか、つむじの周り、その周りからなる薄い毛の範囲がどんどん広がっている状態であり、その為に進行していつ脱毛症なので、歳を取っていく事に髪の毛の量が減っていきます。

 

だが、AGAになったとしても側頭部から後頭部の範囲については、AGAが進行したとしても、毛が抜けずに残る状態になります。
側頭部や後頭部の髪の毛は、AGAの影響を受けないので、AGAによって頭の全範囲の髪の毛が全て抜けてしまう事はないです。

 

何故側頭部や後頭部に髪の毛は残るのでしょうか?
AGAは男性ホルモンの作用によって、引き起こしてしまう脱毛症の為、男性ホルモンの影響を受けやすい部分が、ホルモンの影響により薄毛になっていきます。

 

AGAのメカニズムは、男性ホルモンが「酵素」によって悪玉の男性ホルモンに変わっていきます。。

 

悪玉の男性ホルモンが毛根の細胞内で「男性ホルモンレセプター」と結合する事によって薄毛の症状を引き起こしてしまうのですが、側頭部とか後頭部の毛の根っこには「男性ホルモンレセプター」がない為に、悪玉男性ホルモンによる、薄毛症状を起こさない状態となっています。

 

プロペシアAGAという治療薬の働き

 

プロペシアのAGAに対する働きや役目とは、本来の男性ホルモンから悪玉男性ホルモンに変わってしまう「酵素」を止め、悪玉男性ホルモンを作らない状態にする作用があります。

 

AGAの原因物質を作らない状態にする事が、プロペシアという治療薬の役目となります。

 

最後に繰り返しなってしまうが、AGAは進行性の脱毛症なので、一たび額の生え際やつむじで薄毛が始まり進行すると、後頭部と側頭部以外の髪の毛は全て抜けてしまいます。

 

薄毛が気になったり、脱毛を自覚し始めたのなら、自宅からの近くのAGA外来の受け付けを行っているクリニックへ診察に行く事をおすすめします。