副作用は大丈夫

日本の病院において、脱毛症の治療として主に行われているAGAの治療法とは、その副作用が挙げられますが、まず最も一般的な治療法となっているのが、プロペシアと呼ばれる飲み薬の服用の事です。

 

他のAGAの治療法に比べてみると、治療法の料金が低いため服用される方が多くいます。

 

プロペシアはAGAの原因になる悪玉男性ホルモンを作らないといった働きがある事により、AGAの進行を防ぐ事が出来ます。

 

副作用の発現率については、約2%であり、性欲減退、勃起不全、肝機能障害といった副作用が挙げられ、確認されています。

 

あとは、メソセラピーやHARG療法といわれる、発毛を促す成分を頭皮に注射するという治療法も脱毛治療として存在しています。

 

これらに副作用は確認されておりませんが、価格はプロペシアと比較してみると、かなり高くなります。

 

そして自毛植毛という治療法ですが、AGAの影響を受けない部分の髪の毛を薄くなっている部分に移植するという治療法となっています。

 

その治療法の危険な点については一般的な手術と同じ方法ですが、例えば感染症や傷口の炎症が起こってしまう場合があります。こちらも高いめの価格になっています。

 

どの治療法においても、それぞれ特徴があり、ご自身の症状や健康状態に合わせ、度の治療法が自分に合うか医師にご相談して下さい。